長次郎15周年スペシャル企画「旬穫祭“夏”~夏は限定メニューを共同開発!TKO木下隆行×にぎり長次郎~」

詳細はこちら

メイキングムービーを再生する

TKO木下隆行 登場!いざ、企画会議スタート

TKO木下隆行×「にぎり長次郎」専務 加藤誠

寝屋川が繋いだ、木下さんと「にぎり長次郎」
「にぎり長次郎」寝屋川本店

今や全国区で、バラエティ番組やドラマなどでも活躍中の人気お笑い芸人、TKO木下隆行さん。そして、「にぎり長次郎」寝屋川本店のすぐそばにあるのが、木下さんのお母さんが営んでいた鉄板鍋の専門店「鉄板鍋きのした」(現在は「本家本元木下家」に改名)です。
木下さんは、芸人としてデビューした頃、この寝屋川にある「鉄板鍋きのした」の上で暮らしており、実は木下さんがブレイクするきっかけとなった、5回目の東京進出を果たす前にお母さんが壮行会的意味を兼ねてごちそうしてくれたのが、「にぎり長次郎」寝屋川本店だったのです。

片や、にぎり長次郎の加藤誠専務も15年前は寝屋川本店で寿司を握っており、自分の原点でもあり、懐かしい思い出が残る店。早あがりの日には、スタッフと一緒に「鉄板鍋きのした」を訪れ、料理に舌鼓を打つとともに仕事の疲れを癒していたと言います。

いわば「にぎり長次郎」と木下さんは同郷のよしみ。そこで「にぎり長次郎」15周年にあたる今夏、新しいメニュー開発を木下さんに託すことになりました。

握り寿司を、進化させる

かつての「隣り組」として再会を果たした二人。「腹が減っては戦はできぬ」とばかり、加藤専務の提案で自慢の握り寿司をつまみながら案を巡らすことに…。
ここで木下さんからでてきた言葉が、寿司による日韓融合。加藤専務が親しんで味わっていた、木下隆行版おふくろの味(「鉄板鍋きのした」を彷彿させる料理)をうまく寿司ネタに取り入れることができないかとのアイデアです。

木下
いつもながら『にぎり長次郎』は確かな味わい。やっぱり寿司は板前が握らないと。できれば、いい牛肉に、キムチ、ラー油など、寿司とは似つかわしくないものを揃えて、プランを練りましょう

この提案に「にぎり長次郎」のスタッフは大乗り気。いつもなら仕入れない素材や調味料を加えて、「びっくりするような一品を作りましょう」とばかりに試作開始。さて、いかなるメニューができあがるやら…。

next 一品目「焼肉」

一品目「焼肉」

夏といえば、スタミナでしょ!

加藤
木下さんの要望通り神戸牛にチシャ菜、キムチ、ナムルを揃えました。これだけ見たら韓国風の焼肉屋ですね
木下
肉好きの僕としては、ありがたい光景。でもこれを寿司にするんですから、シャリの上に炙った牛肉とナムル、キムチを載せてと…

刺し(脂分)が沢山入っていては、寿司としては食べた時にしつこく感じる。そんな意見を拾って赤身でいくことに。シャリに載せるだけでは面白味にかけることから、これまた韓国風らしくチシャ菜で巻くスタイルに決まりました。それもお客様に巻いてもらうように。「この方が牛肉のインパクトがうまく反映できそうだし、食材とのハーモニーもうまく奏でられそう」こんな木下さんの提案を加藤専務が実践してみると…。

木下
うわっ~ 旨い! 牛肉の柔らかさが伝わってくるし、ナムルとキムチがいいアクセントになってるわ~…

彼が感心したのは、自分で巻いて食べるスタイル。これなら手が汚れず、女性ウケもするのでは?と高い評価。さらに、木下さんから「にんにくチップ」を付けてほしいと提案が…。
「横に添えて自由に付けて食べる形式で」とアドバイスもいただきました。

木下
僕は子供の頃から牛肉がごちそうだったんです。初めは、キムチと寿司飯が合うのかと思ったんですが、意外や意外、シャリにキムチとナムルがフィットするんやねぇ。これは大ヒット間違いなし!

神戸牛巻き木下風~手巻き焼肉寿司~
460円(税込496円)
TKO木下隆行
ナムルとキムチがうまく寿司に融合しました。チシャ菜→ナムル→キムチ→牛肉ときて、最後に焼肉の風味が口の中に広がるんやで~。
「にぎり長次郎」加藤誠専務
木下さんのアイデアで、これまで回転寿司になかったものが完成しました。暑さでバテ気味な方には、ぜひオススメです。
next 二品目「マグロ」

二品目「マグロ」

夏といえば、さっぱり味わえるもの

木下
劇場の裏にたこ焼き屋があって、僕はそこで持っていたMyラー油とマヨネーズを付けて“醤油マヨラー油のたこ焼き”にして食べていたんですよ。それがいつしかその店の定番メニューになっていたんです。名品ってそんなちょっとした瞬間から誕生するもの。だから今日はマグロにラー油とキムチで!!

そんなムチャ振りから始まったマグロ寿司。加藤専務は白ネギを刻み、キムチと食べるラー油を用意するや、簡単にそれらを寿司ネタとして使い始めました。それを興味津々に眺める木下さん。「これまでアボカドはあったが、マグロにキムチとは言ったものの、合うんやろか?」と不安顔。それをよそに木下隆行考案のマグロの握り寿司ができあがりました。

一つはマグロに白髪ネギとキムチ。もう一つはマグロの上に白髪ネギと食べるラー油を載せたもの。韓国風と中華風のマグロ寿司が完成しました。

木下
マグロとキムチって、これまで見たことないなぁ~。食感と風味がどう出るかと心配しましたが、食べてみると、なんでこれまでなかったんやろかと思いましたよ。加藤専務、大サービスでキムチをたっぷり載せてくださいね。その方が旨さが増しますから!!

片や、中華風のマグロ寿司は、ラー油が利いて辛みが勝つかと思いきや、マグロのさっぱり感がその辛みを抑えて、丁度いい味に。「マグロがあることによってラー油の辛さがマイルドになりますねぇ。これなら子供でも大丈夫」と木下さんもその味に感心することしきり。

紅白まぐろ(キムチ)~まぐろ+キムチ~
260円(税込280円)

紅白まぐろ(ラー油)~まぐろ+食べるラー油~
260円(税込280円)
TKO木下隆行
メバチマグロのさっぱりした味がいきた寿司です。キムチやラー油と一見マグロに合わないものが、うまくマッチしてどこにもない寿司に仕上がりましたよ!
「にぎり長次郎」加藤誠専務
辛みのある食材をうまく融合させ、夏向きのメニューができました。定番の寿司ネタのマグロに、キムチやラー油の組み合わせを考えたところがユニークです。
next 三品目「ハモ」

三品目「ハモ」

夏といえば、やっぱりハモでしょ

加藤
ハモは小骨が沢山あって、昔はそれが口に当たって食べられなかったそうです。そこで関西の料理人が考えたのが独特の骨切り術。ハモは皮だけを残し、骨を叩くように切っていきます。名人は一寸の間に24回も包丁を入れるそうです。料理人といえど、関東の板前はできない人もいるので、あまり首都圏では流通してきませんでした。しかも関東では高価な食材として扱われています。ここは、木下さんのアイデアを、ハモの関東での普及に役立てたいですね

ハモといえば、梅肉を載せるか、酢みそで食べるかが一般的。淡泊な魚ゆえに何でも合うのですが、それが裏腹に味付け次第では素材を壊しかねません。実にやっかいなネタに対して、木下さんならではのアイデアで答えます。

木下
淡泊なハモに白ネギを載せ、さっきのマグロ同様、その上から食べるラー油をかけるっていうのはどうですか?

加藤専務が木下さんの言うがままに握ると、ハモに、白ネギ、ラー油の風味が合わさり、一風変わったハモ寿司ができあがりました。

加藤
ところで木下さん、私にもアイデアが一つ浮かんできました。トマトは夏っぽい食材でしょ。酸味があって爽やか。トマトのジュレをハモに合わせてみました
木下
あのハモが、イタリアンになってしまったッ!これで女子ウケしないわけはない!トマトにアボカド、チーズ、それにアルパカは女子ウケしますからね。エッ、アルパカは意味がわからんって?僕もわからん(笑)

三つ目は焼肉のタレとキムチ、ナムルを使うことが決まると、加藤専務は、ハモに焼肉のタレを塗り、バーナーで炙り香ばしさを持たせます。それにキムチとナムルを加える。これまた進化した寿司がお目見えした次第です。

木下
こんな思わぬ具材を載せられ、思わぬ味付けでハモもびっくりしてまっせ。うわ~、日韓が口の中で一つになった感覚や~。新しすぎる味です。これ食べたら、元気になるなぁ

はもラー~はも+食べるラー油~
460円(税込496円)

彩はものトマト風味~はも+トマトジュレ~
460円(税込496円)

焼肉風はもキムチ~炙りはも+キムチ~
460円(税込496円)
TKO木下隆行
これは、新しすぎるハモ寿司です。三つの異なる味が、淡泊なハモにマッチ。これを食べなきゃ、寿司の進化は語れません。
「にぎり長次郎」加藤誠専務
これまでのハモの持つイメージを一新させたものができあがりました。木下さんとコラボしたからこそ誕生した傑作です。
next 四品目「デザート」

四品目「デザート」

食後のデザートも木下流で!

木下
メロンっていえば、子供の頃は雲の上の食べ物。親がたまに買ってきたものを家族6人で割って味わっていました。大人になったら思いっきり食べてやろうと考えながら芸に励んできたんです

木下さんはメロンが大好物だという話を聞いて加藤専務は、青肉メロンに夕張メロンのソースをかけたWメロンのデザートを考案しました。

杏仁プリンにカステラを思わせるような柔らかいスポンジを載せ、ラズベリー、青い果肉のメロンを加える。そして仕上げは夕張メロンソース。いかにも涼し気な夏らしいデザート。メロンにメロンソースをかける贅沢さがたまらない一品です。

木下
これ旨~い!口の中で一気に具材が一つになった。口の中の温度で溶けあって実に美味。こんな旨いデザートを食べたの初めてかも…

木下杏仁 杏仁プリン+Wメロン
450円(税込486円)
TKO木下隆行
これを食べたら、メロメロンになりますよ~(笑)。僕の大好きなメロンをいかした天国に一番近いデザートかも!?
「にぎり長次郎」加藤誠専務
にぎり長次郎は、寿司だけではなく、食後のデザートにも注力しています。今回は木下さんとコラボして爽やかなデザートができました。
「旬穫祭“夏”」開催!

長次郎15周年スペシャル企画「旬穫祭“夏”」開催! 9月12日(月)まで

長次郎15周年スペシャル企画「旬穫祭“夏”~夏は限定メニューを共同開発!TKO木下隆行×にぎり長次郎~」

限定メニューメイキングムービー
メイキングムービーを再生する
常に新しいものを追求する志は、芸人も飲食店も同じ。

25年芸人をやってきて常に追求しているのは、新しいコントができないかという点。フィールドは違えども、思いは飲食店でも同じでした。「にぎり長次郎」で、僕が考えたメニューが並ぶかと思うとワクワクします。一所懸命考えた面白い品ばかりです。味は絶対旨いので、ぜひ食べに来てくださいね!

TKO木下隆行

企画会議を終え、握手を交わす木下さんと加藤専務。
互いの知恵を絞りながら創作したメニューは今夏だけの限定品。ぜひお店で味わってほしい。

お店を探す

春夏秋冬の特別企画。秋も乞うご期待!

旬穫祭“春”のキャンペーンページはこちら

旬穫祭“秋”のキャンペーンページはこちら

最新のキャンペーン 旬穫祭“冬”